システムwiki

Internet Explorer 8:ie8は https の暗号化されたURLにアクセスできません.他のブラウザはまったく問題ありません...急いで!

GuoYong 解決済 最終更新日:2020-09-23 09:55

正規のXPシステムにインストールされたデスクトップlenovoIE8は、httpsWebサイトにアクセスできません...コンピュータ上の他のすべてのブラウザがfirefoxにアクセスできます、chrome...IE8の再インストールの問題がまだ存在しています...解決にご協力ください!

備考:

lenovoデスクトップ純正のxpでのIE8アクセスに問題はありません...

IE8がサーバーにデプロイされたWebApplicationの暗号化方法を十分にサポートしていないか、またはIE8のどの設定が(sslに関連する設定が選択されているか)に注意を払う必要があるか、何かにパッチを適用する必要がありますか?はい、xpシステムパッチは最新です.とにかく、他のブラウザに問題はありません.httpsWebサイト自体の問題は除外できます...問題の説明は非常に明確であるはずです.できるだけ早く解決策を提供してください、ありがとう!

返信リスト(回答:4)

1 #
Raven

私はあなたがIE8をリセットすることを提案する...

https://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-vista/reset-internet-explorer-8-settings.

あなたは同じソフトウェア環境を持っていますか?

応答1# ->にスキップ
2 #
Raven 1
SSL(128ビット)で保護されたWebサイトにInternet Explorerを使用して接続できない場合のトラブルシューティングを行うには、次の手順を表示順に実行します...各手順を実行した後、Internet Explorerを使用して、SSL(128ビット)で保護されているWebに接続してみてくださいサイトにアクセスして、問題が解決したかどうかを確認します...SSL(128ビット)で保護されたWebサイトに接続でき、問題が解決した場合は、この記事を実行する必要はありません他の手順で説明されています...問題が解決しない場合は、次の手順に進みます...

ステップ1:インターネット一時ファイルを削除する
これを行うには、以下のステップに従ってください:
1.Internet Explorerを起動します……
2.[ツール]メニューの[インターネットオプション]をクリックし、[全般]タブをクリックします...
3.[インターネット一時ファイル]で[Cookiesの削除]をクリックします.......
4.削除を確認するプロンプトが表示されたら、[OK]をクリックします......
5.[ファイルの削除]をクリックします......
6.削除の確認を求めるメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします...
7.[履歴]で[履歴をクリア]をクリックします...
8.訪問済みを削除するように求められたらWebのサイト履歴、[はい]をクリックします......
9.[OK]をクリックします......

ステップ2:Internet Explorerで「セキュリティ」、「コンテンツ」、「詳細」の設定を構成します
これを行うには、以下の手順に従ってください:
1.Internet Explorerで信頼済みサイトゾーンのセキュリティ設定を構成します...これを行うには、次の手順に従ってください:
a.Internet Explorerの[ツール]メニュー[インターネットオプション]をクリックし、[セキュリティ]タブをクリックします...
b.[信頼済みサイト]をクリックし、[デフォルトレベル]をクリックします...
c.SSL(128ビット)で保護されたWebサイトを「信頼済みサイト」領域に追加します...これを行うには、「サイト」をクリックし、「 [このWebサイトをゾーンに追加する]ボックスにサイトのURLを入力して、[追加]をクリックし、[OK]をクリックして、[適用]をクリックします...…
2.Secure Sockets Layer(SSL)のステータスとオートコンプリートの履歴をクリアします...これを行うには、次の手順に従ってください:
a.[コンテンツ]タブをクリックします……
b.「証明書」の下の「SSLステータスをクリア」をクリックします……
c.SSLキャッシュが正常にクリアされたことを示すメッセージを受け取りますメッセージの後に、[OK]をクリックします...
d.[個人情報]で[オートコンプリート]をクリックします...
e.[オートコンプリートの履歴をクリア]で[フォームをクリア]をクリックします"......操作の確認を求められたら、[OK]をクリックします......
f.[パスワードのクリア]をクリックします......以前に保存したすべてのパスワードを消去するように求められたら、[OK]をクリックします.[OK]を2回クリックします......
3.SSL 2.0およびSSL 3.0を使用するようにInternet Explorerが構成されていることを確認します......これを行うには、次の手順に従ってください:
a.[詳細設定]タブをクリックします...
b.[設定]ボックスの[セキュリティ]で、[SSL 2.0を使用する]をクリックして選択します「」および「SSL 3.0を使用する」チェックボックス(まだ選択されていない場合)をクリックし、「OK」をクリックします...

手順3:コンピューターの日付と時刻の設定が正しいことを確認します
コンピューターが正しい日付と時刻の設定で構成されていることを確認するには、次の手順に従ってください:
1.[スタート]をクリックし、次に[コントロールパネル]をクリックします...
2.[日付、時刻、言語、地域のオプション]をクリックし、[日付と時刻]をクリックします...
3.[日付と時刻]タブをクリックします……
4.日付と時刻の設定が現在の日付と時刻を使用するように構成されていることを確認し、[OK]をクリックします...

ステップ4:コンピュータで128ビットの暗号化が使用されているかどうかを確認する
これを行うには、次の手順に従ってください.
1.Internet Explorerで、 [ヘルプ]メニューの[Internet Explorerについて]をクリックします...
2.コンピュータの暗号化レベルが「キーの長さ」の横に表示されます...「キーの長さ」の値が「128ビット」と表示されます......
3.「OK」をクリックします......

ステップ5:システムの復元を使用してコンピュータを以前の状態に戻す
Windows XPの「システムの復元」機能は、主要なシステムファイルと特定のプログラムファイルの「スナップショット」を作成できます.この情報を復元ポイントの形式で保存します...これらの復元ポイントを使用して、Windows XPを以前の状態に戻すことができます...これを行う方法の詳細については、以下の記事番号をクリックしてくださいMicrosoftナレッジベースで対応する記事を表示するには:
https://support.Microsoft.com/kb/306084

ステップ6:サードパーティのファイアウォールプログラムまたはウイルス対策プログラムを確認する
コンピュータにインストールされているサードパーティのファイアウォールプログラムまたはウイルス対策プログラムが正しく設定されており、セキュリティ強化への接続を妨げていないことを確認してくださいWebサイト......詳細については、製品ドキュメントを参照するか、プログラムのサプライヤーに連絡してください......

ステップ7:システムファイルチェッカー(Sfc.exe)ツールを使用して、Windowsファイル保護(WFP)で保護されているすべてのファイルをScanします
/scannowパラメータを使用して、システムファイルチェッカー(sfc/scannow)を使用し、Windowsファイル保護機能によって保護されているすべてのファイルをすぐにScanして確認しますシステムファイルのversion...システムファイルチェッカーは、そのようなファイルが上書きされていることを検出すると、キャッシュフォルダー(Systemroot\System32\Dllcache)またはWindowsからソースをインストールしますファイル内の正しいversionのファイルを取得し、誤ったファイルを置き換えます...システムフォルダーチェッカーは、キャッシュフォルダーを確認して再設定することもできます...管理者またはAdministratorsグループのメンバーである必要がありますログインしてシステムファイルチェッカーを実行します.../scannowパラメータを使用してシステムファイルチェッカーを実行するには、次の手順に従ってください.
a.[スタート]をクリックして[実行]をクリックします...
b.[ファイルを開く]ボックスに「cmd」と入力し、[OK]をクリックします...
c.コマンドプロンプトで「sfc/scannow」と入力し、Enterを押します...
システムファイルチェッカーの詳細については、Microsoftナレッジベースの対応する記事を表示する次の記事番号:
このリンク:kb/310747

ステップ8:Microsoft暗号化サービスが開始されていることを確認します
暗号化サービスが開始されていることを確認するには(開始されていない場合は開始します):以下の手順に従ってください:
1.[スタート]をクリックして[実行]をクリックします...
2.[ファイルを開く]ボックスに「cmd」と入力し、[OK]をクリックします...
3.コマンドプロンプトで、net start cryptsvcと入力し、Enterを押します...
4.exitと入力して、コマンドプロンプトwindows を終了します...…

ステップ9:.Dllファイルを登録します
次の.dllファイルを再登録します:
Softpub.dll
Wintrust.dll
Initpki.dll
Dssenh.dll
Rsaenh.dll
Gpkcsp.dll
Sccbase.dll
Slbcsp.dll
Cryptdlg.dll
これを行うには、次の手順に従ってください:
1.[スタート]をクリックし、次に[実行]をクリックします...
2.[開く]ボックスに「cmd」と入力し、[OK]をクリックします...
3.コマンドプロンプトで次のように入力します次のコマンド行を入力し、各行の後にEnterを押します:

regsvr32 softpub.dll
regsvr32 Wintrust.dll
regsvr32 initpki.dll
regsvr32 dssenh.dll
regsvr32 rsaenh.dll
regsvr32 gpkcsp.dll
regsvr32 sccbase.dll
regsvr32 slbcsp.dll
regsvr32 cryptdlg.dll

4.ファイル名にDllRegisterServerが正常に完了したことを示すメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします...
5.exitと入力してコマンドを終了しますプロンプトwindows...

ステップ10:新しいユーザープロファイルを作成する
場合によっては、Windowsのユーザープロファイルが破損していると、SSL(128)経由でユーザープロファイルにアクセスして検索できないことがありますbit)を使用してWebサイトを保護します...この問題を解決するには、別のユーザーとしてコンピュータにログインし、SSL(128を介して接続してみてください>bit)保護されたWebサイト...別のユーザーとしてログインした後、SSL(128ビット)で保護されたWebに接続できる場合サイトでは、ユーザープロファイルが破損している可能性があります...この場合、必要な情報と設定をプロファイルからバックアップしてください(「マイドキュメント」フォルダや「お気に入り」など) 「フォルダー)、破損した構成ファイルを削除します...ユーザー構成ファイルを削除するには、次の手順に従います.
1.管理者またはAdministratorsグループのメンバーとしてコンピュータにログオンします...
2.[スタート]をクリックし、[コントロールパネル]をクリックします...
3.[パフォーマンスとメンテナンス]、[システム]の順にクリックします...
4.[詳細設定]タブをクリックし、[ユーザープロファイル]の[設定]をクリックします...
5.[このマシンに保存されている構成ファイル]リストで、削除するユーザープロファイルをクリックし、[削除]をクリックします...
6.削除の確認を求められたら、[はい]をクリックします...
7.[OK]を2回クリックして、[コントロールパネル]を終了します...
8.管理者としてコンピューターからログアウトし、ユーザーとしてログインします...
Windowsは、このユーザーの新しいプロファイルを作成します...

3 #
zhang11 1

パッチKB2868626をインストールしてみてください

https://technet.Microsoft.com/ja-jp/library/security/ms13-095.aspx

またはホットフィックス

応答3# ->にスキップ
4 #
zhang11 1
あなたの返信は素晴らしいものではありません逼

© システムwiki All Rights Reserved.